· 

介護費用と民間介護保険

Q.親の介護になったときのお金の対策として民間介護保険は加入したほうがいいでしょうか

 

A.基本的には加入したほうがいいと思います。

 

ただし、加入する前に保険料や保障内容をよく吟味する必要があります。一般的に民間介護保険は保険料は割高だと思います。

 

支払いに支障のない保険料水準で、保障内容はシンプルかつ、保険料免除基準は大切です。

 

また、介護になる確率を知ってから保険料・保障内容から加入の可否を決めることが需要です。

 

例えば、70歳~75歳(男性)の方が要介護1以上である確率は約4.1%です。

 

小学校の頃の40人クラスでいうと1番か2番という感じです。この数字をどう捉えるかだと思います。80歳~84歳(男性)の場合は15.6%です。同様に40人クラスでいうと6、7番という感じです。

人口は総務省統計 平成3111日概算値

要介護者数は厚労省 平成311月分介護保険事業状況報告(暫定)

 

このように介護になる確率は意外と低いかもと感じる方もおられるでしょう。

 

ご自身の背景(家族のほとんどが脳溢血になっている、元気で長生きである等)も考慮してみるのもいいと思います。

 

先ほどのクラスの例でいえば、得意科目であれば1,2番の自信があるが、不得意科目の場合は20番以内も難しいかもと思う人もいます。

 

これらを総合的に判断して民間介護保険の加入の可否を考えてみるとどうでしょうか。

 

介護、相続、遺言、家族信託など暮らしのお困りごとから、デイサービスの開業、副業、起業、会社設立、許認可などビジネスのお困りごとまで

カワムラ行政書士事務所