· 

老後の住まい 自宅活用

老後の住まいを考えるにあたって、老後の自宅をどう活用するのかとのご質問があります。

 

大きく分けると3つ考えられます。

  1. 自宅を売却してその資金を活用する
  2. 自宅を賃貸して賃料収入を得る
  3. リバースモゲージで自宅を担保に融資を受ける

さて、上記のリバースモーゲージとは、一般的には、自宅を担保にして金融機関から融資を受けて、亡くなった後に自宅を売却するなどして、利用した融資を一括返済する仕組みです。

 

メリットは、自宅に住み続けながらまとまった資金が確保できることや融資限度額の範囲内であれば生存中は返済不要か利息支払いのみでよい等です。

 

デメリットは自宅は一戸建てが中心でマンションは対象外が多いこと、推定相続人の同意が必要、変動金利が中心であるため金利が上昇すると返済額が増えたり、担保となる自宅の評価が定期的に見直されるため評価額が低下して融資限度額を割り込むと一括返済を求められること等あります。

 

詳しくは、金融機関にお問い合わせてください。

 

 

介護、相続、遺言、家族信託など暮らしのお困りごとから、副業、起業、会社設立、許認可・外国人ビザ申請などビジネスのお困りごとまで

カワムラ行政書士事務所