· 

介護サービス自己負担2割 所得基準

介護サービスの自己負担割合が2割と1割の基準は以下のようになります。

 

本人の合計所得金額が160万円以上220万円未満

  ◎下記以外の場合→2割

  ◎課税年金収入+その他の合計所得金額が280万円未満(単身の場合、夫婦世帯の場合は合計346万円)→1割

   ※同一世帯 に65歳以上の方(本人含む)  

 

本人の合計所得金額が160万円未満1割

  ◎65歳以上の方&本人が住民税を課税されていない、または生活保護受給者→1割

  ◎65歳未満→1割

 年金収入だけの単身65歳以上の方は年収280万円以上の場合には自己負担が2割になります。

 

具体的には以下のようになります。

  • 2割負担になるかの判断は個人単位で判断します。
  1. 夫の年金収入300万円、妻の年金収入60万円    夫・・・2割負担 妻・・・1割負担
  2. 夫の年金収入180万円、妻の年金収入180万円  夫・・・1割負担 妻・・・1割負担
  3. 夫の年金収入300万円、妻の年金収入40万円    夫・・・1割負担 妻・・・1割負担

介護、相続、遺言、家族信託など暮らしのお困りごとから、デイサービスの開業、副業、起業、会社設立、許認可などビジネスのお困りごとまで

カワムラ行政書士事務所