· 

介護のための帰省代は医療費控除になるの

【質問1】

ご相談者は現在、無年金の78歳の母親(要介護5:某地方都市、老健入所中)を遠距離介護している息子さん。

息子さんが母親の生活の面倒をみています。

 

2ヶ月に1度、飛行機で母親の様子をみるために帰省するので、飛行機代が大変です。

そこで、この飛行機代は医療費控除できないでしょうか。

 

【回答1】

医療費控除の対象にはなりません。

通院費が医療費控除の対象になるのは、本人(ここでは母親)が診察・治療を受けるための通院費に限定されています。例外として、介護を必要とする人に付き添う家族の交通費等があります。

あくまでも、診察・治療を受ける目的で病院等に通う交通費でなければ、医療費控除の対象にはなりません。

 

飛行機代であれば、介護割引を航空会社に申請するのがよいでしょう。

通常料金に比べ約4割強安くなります。各航空会社にて詳細をご確認してください。

 

【質問2】

要介護3の母親がデイサービスに行くため、父親が自家用車で連れて行ってます。その場合のガソリン代は医療費控除になるのでしょうか。

 

【回答2】

医療費控除の対象にはなりません。

公共交通機関(バス・電車)などの「人的役務の提供の対価」であれば、医療費控除の対象になります。「人的役務の提供の対価」とは、「他人の労力に対する支払い」です。ガソリン代は「人的役務の提供の対価」ではなく、ガソリンの購入対価になりますので、医療費控除の対象にはなりません。また、タクシー代金は、例外を除き、通常、医療控除の対象にはなりません。

 

【質問3】

病院に入院している母親を、年末に子供が全員帰省したので、自宅で1日だけ過ごすための許可をとりました。

その時のタクシー代は医療費控除の対象になるのでしょうか。

 

【回答3】

医療費控除の対象にはなりません。

その理由は、診察や治療に直接関係する費用ではないからです。タクシー代は、あくまでも年末、家族で過ごす目的であり、治療等を受ける目的ではないので対象外になります。

 

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

【暮らしの困りごと】介護とお金、ライフプラン、民事信託(家族信託)、相続、遺言など

【ビジネスでのお困りごと】副業、起業、会社設立、許認可、ビザ申請、補助金など

 

ファイナンシャル・プランナー・行政書士

カワムラ行政書士事務所

 

毎週 土曜日・日曜日は完全予約制での無料相談実施中 出張も可能です。