認知症対策

認知症対策 · 2020/07/24
2025年には認知症患者が約700万人との推計され、50代~60代の世代の方々の親御さんが認知症になる確率が多い年代になります。万一に備えて、お金の対策だけではなく認知症の親との対処方法等を知ることで子世代の方々の気持ちが少しでも楽になるのではないかと感じています。少しずつでも情報収集をしてみてはいかがでしょうか。
認知症対策 · 2020/01/26
将来、親が認知症になるのではないかと悩んでいませんか。その悩みは当然です。親が認知症になると日常的に考えられないことが起こるからです。そこで「在宅介護」は難しく「施設への入所や入居」しか選択肢がありません。...

認知症対策 · 2019/11/18
田舎に住んでいる(アルツハイマー型認知症である)父親は1日中ずっと1人でいます。父親は、自立型のケアハウスで過ごしており、この施設では、カラオケ大会や誕生日会など様々な催しが開催されています。...
認知症対策 · 2019/11/09
83歳である父親がアルツハイマー型認知症と診断されてから6年が経ちます。 最近は、今伝えたことがすぐに忘れています。やはり徐々に悪化はしているようです。 銀行の通帳を紛失したり、保険証などをどこに置いたかわからなくなったりしています。 そこで、「年齢階級別の認知症有病率」の資料を調べたところ、75歳から79歳では、全体では13.6%でした。...

認知症対策 · 2019/10/22
現在、83歳である父親は要介護1です。物忘れがひどくなり、今、言ったことがほとんど残らない状態です。アルツハイマー型認知症と診断をうけています。 そこで、昔の父親の記録を調べてみました。 2012年11月、父親は76歳でした。その時に、ちょっと最近、「物忘れがひどくなった」と私自身が感じていました。...
認知症対策 · 2019/09/23
Question 判断能力がある今、法定後見制度は使えますか。 今から将来、認知症になることに備えて対策を行いたいのですが、どうしたら良いでしょうか。 Answer (結論) 判断能力があるうちは、法定後見制度は使えません。 将来の認知症に備えて、判断能力のあるうちは、任意後見制度や家族信託(民亊信託)が利用できます。...

認知症対策 · 2019/08/16
認知症で介護状態になった場合にかかる介護費用は、認知症なしで介護になった場合よりも大雑把に言えば2倍くらいは必要になります。 また、介護費用だけではなく、認知症の方自身が起こすトラブルなどでお金も必要になる場合もあります。 このように、お金の対策を二つの面から対応する必要があります。 認知症での介護になった場合の介護費用...
認知症対策 · 2019/08/12
突然、親が介護状態になり、お金が思っていた以上にかかり、この状況がいつまで続くのか「お金」の面で不安となり相談にこられます。 私も親が介護状態になって始めて「介護にかかるお金」を認識し苦労しました。 しかも、認知症などで判断能力がなくなってしまうとほとんどお金に対する対策ができなくなってしまいます。...

認知症対策 · 2019/08/09
2025年には認知症の方が一説によると700万人にもなると言われており、認知症対策が必要になります。 認知症の中でもよく聞くのが、アルツハイマー型認知症です。 ドイツのアロイス・アルツハイマー博士が1906年西ドイツの精神医学会で報告されたようです。...
認知症対策 · 2019/08/04
認知症対策としての財産管理は家族信託は一つの方法です。 例えば、親が認知症になる前であれば、ご自身でキャッシュカードも自由に使って入出金でき、子や孫のためにもお金を使えます。 また、ご自宅の売却などにも自由にできます。...

さらに表示する